美術館


美術館正面庭の「大滝」完成
2001年11月に正面庭の「大滝」が完成しました。
一竹美術館を構成する三大要素に「展示物」、「建造物」、そして「庭」があります。この正面庭の「大滝」をもって一竹美術館の庭がほぼ完成しました。正門から新館に続くアプローチでの一時をお楽しみ下さい。





アプローチの大滝(平成13年11月完成)


龍門の滝:一竹庵正面の大滝

庭は、久保田一竹構想のもと自然の環境を活かしつつ、一流の専門家の手により作られています。琉球石灰岩、富士の溶岩、多種多様の植栽、渾々と湧き出る豊かな水とあいまり、独特な雰囲気を醸し出します。春から夏には、桜、つつじ、新緑の木々そして多種多様の高山植物、秋には紅葉、冬には荘厳な富士と、四季折々の彩りを楽しめます。本館北側の散策路をゆっくりと歩いてみては、如何でしょうか。

左:秋の散策路 右:庭より望む夏の富士



左:中庭より望む 右:滝にかかる虹


© 2009 Itchiku Tsujigahana Co.,Ltd All Rights Reserved.