2001記念「一竹能」

【2001年5/12・13・14・15開催】
お蔭様で大盛況のうちに終了致しました。










三番叟について
世阿弥以前より伝わる「天下泰平、国土安穏」を祈願する神歌。
正式には、能楽の世界では今日でも、この演目を演ずるには制約、禁忌がある。
特別な立場の者(例えば「家元」)が特別な場合にのみ演ずることが許されている。
「一竹能 / 三番叟・神歌」ではこの制約は守るものの、久保田一竹独自の演出内容としている。
テーマ音楽はTHE ALFEEの高見沢俊彦氏が作曲。

<第1部>
千歳、松・竹・梅が登場。ネパールの笛、バンスリの演奏に乗り天下泰平を叟く三人の祝舞。それを託した「一竹辻が花の作品」が象徴的に演出。
<第2部>
天上の神(シテ方・橋岡久太郎氏)が神門より現れ、神の子(ラスタ・トーマス氏)を地上に遣わす。大倉正之助氏の大鼓と槻宅聡氏の笛に乗り、ラスタ・トーマス氏の一人舞台。
<第3部>
再び天上の神(シテ方・橋岡久太郎氏)が現れる。ネパールのバンスリとオーストラリア、アボリジニ(先住民族)の大地の神と共鳴する楽器、イダキ(5人の奏者)の演奏のもと、この世を清め、「幸福」が訪れる神の謡と舞。

■配役
「千歳」松: 木村公一(ファッションモデル)
「千歳」竹: 水野地人(ファッションモデル)
「千歳」梅: 佐藤唯文
(ファッションモデル・シャンソン歌手)
神: 橋岡久太郎(観世流能楽師・シテ方)
神の子: ラスタ・トーマス(バレエダンサー)

■音楽
テーマ音楽: 高見沢俊彦(THE ALFEE)
大鼓: 大倉正之助(大倉流・大鼓方)
笛: 槻宅聡(森田流笛方)
バンスリ: インドラ・グルン
イダキ: 小林白兵衛、SHOZO、HIDE190、
青柳陽介、丸山哲也

■作・演出・衣裳:久保田一竹
制作・主催・お問合せ:久保田一竹美術館
Tel:0555−76−8811 Fax:0555−76−8812

© 2009 Itchiku Tsujigahana Co.,Ltd All Rights Reserved.