久保田一竹は二十歳のとき、東京国立博物館で室町時代の「辻が花染め」の小裂に出会って以来、その美に魅了されて過去の模倣でなく、現代に息づく染色としての独自の『辻が花』研究に、文字通り心血を注いでまいりました。しかしながらその間、召集、敗戦、ソ連への抑留を経験。十分な研究も出来ずじまいでした。1948年、31歳で無事復員。生活のための、従来手懸けていた手描友禅で生計をたて、40歳にしてやっと本格的に『辻が花』の研究に取り組み始めました。
しかしその後も、毎日が失敗の連続でした。赤貧の時代を経て20年間の辛酸をなめ尽くした研究の末、60歳にして初めて納得のいく作品が完成。これを[一竹辻が花]と命名いたしました。1977年、初の個展を開催。以来、国内はもとよりヨーロッパ、北米においても展覧会を開催し大好評を博してまいりました。1990年にはフランス政府より、フランスと世界に芸術的に影響を与えたということで[フランス芸術文化勲章シェヴァリエ章]を受賞。また、1993年には文化庁より文化長官賞を受賞致しました。1994年、河口湖畔に自ら[久保田一竹美術館]を建設。さらに、1995年6月より10月にかけてはカナダ・オタワ近郊のカナダ国立文化史美術館にて個展。そして1995年11月〜1996年4月にかけては、現存作家の個展を過去一度も開催したことのないワシントンD.C.のアメリカ最大のスミソニアン博物館(国立自然史博物館)にて個展を長期開催。1997年には、日本全国13都市にて巡回展を開催するとともに、7月には[久保田一竹美術館]の『新館』が完成。2000年にはベルリンとウィーンにて個展を開催。その後、久保田一竹美術館での創作舞台と連作「光響」の制作に全精力を投入。 2003年4月26日逝去。享年85歳。法名『華嚴院幽玄一竹大居士』。

© 2009 Itchiku Tsujigahana Co.,Ltd All Rights Reserved.